余命 2008年05月

五頭温泉郷   出湯温泉 清廣館 新潟ラジウム



出湯温泉   清廣館 放射能泉
新潟県阿賀野市出湯802
0250-62-3833
平日 9600~

http://www.seikokan.jp/ OS
http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP= 地図


檜風呂を改装致しました。 2005.7.10   入浴のみ/1000円


入浴は仏教の教えからと言われています。
大きな寺院の中にお風呂(湯屋)を備えたことが始まりで、お風呂を振る舞ったそうです(施浴)。

草津温泉や熱海などの大きな温泉でも寺湯の跡があるそうです。
しかし、現在でも寺湯があり、且つお寺を中心とした集落の地形が残っているのは唯一出湯温泉だけだそうです



http://gozu.jp/五頭温泉郷
http://gozu.jp/ichiran.html五頭温泉郷の宿


スポンサーサイト

栃尾又温泉  新潟県魚沼市  ラジウム温泉



栃尾又温泉  宝巌堂(ほうがんどう) 単純放射能泉(アルカリ性低張性温泉)

〒946-0087 
新潟県魚沼市上折立60番地乙
TEL:025-795-2216 
FAX:025-795-2949
予約専用フリーダイヤル:0120-04-2216
12750~

http://ho-gan-do.com/index.html OS
http://www.mapfan.com/m.cgi?%B0 地図






jizai.png

栃尾又温泉   自在館 ラジウム泉

〒946-0087 
新潟県魚沼市栃尾又温泉
TEL:(025)795-2211 
FAX:(025)795-2511

6975~
http://www.jizaikan.jp/index.html OS
http://s01.megalodon.jp/2008-0809-07-14旅行記 魚拓




栃尾又温泉 神風舘(じんぷうかん) ラジウム泉
〒946-0087 新潟県魚沼市栃尾又温泉
TEL 025-795-2306
7290円~
素泊まり 5300円 飲食物の持ち込みは自由

http://www.yunotani.com/~jinpuukan/ OS

栃尾又温泉はぬる湯で、沸かすと効果が薄れると昔からいわれています。
この温度と質を守るための共同浴場なため、各宿に引湯ができません。
そのため、館内にある家族風呂は沸かし湯です

栃尾又温泉共同浴場がラジウム温泉 
http://ho-gan-do.com/spa.html  うえの湯・したの湯

五頭温泉郷   今板温泉   湯本舘



五頭温泉郷今板温泉 湯本舘    新潟県の老舗旅館。閑静な山の一軒宿.
ラジウム温泉

〒959-1927 新潟県阿賀野市今板795-2
TEL.0250-66-2321
FAX.0250-66-2230

12000~
http://www.gozu-yumotokan.com/ OS


http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP2 地図

ホテル三光   川越温泉湯遊ランド



ホテル三光  川越温泉湯遊ランド ラジウム湯の表示 消えた

〒350-0043
埼玉県川越市新富町1-9-1 
TEL:049(226)2641 
FAX:049(224)3410 
6500~~

http://www.kawagoe-yuyu.com/index.html OS

http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E1地図



体温免疫力



体温免疫力     安保徹の新理論! 安保 徹 (著)
http://www.amazon.co.1 アマゾン

レビュー
癌と免疫について関心がありましたが、これまでの西洋医学での常識(手術、投薬、放射線)が体温免疫の考え方を加味せず、闇雲に表面的な治療をしていたのだと云うことを、解明してくれました。




平熱が高いほど、元気
生命活動に欠かせない酵素が最も活発な体内環境が37.2度(体の深部)
低血圧=低体温
低血圧の人は朝が弱い×   低体温だから、弱いが正解


病気のすべてが、体温の低い状況で起きている

冷え
西洋医学では冷えは病気と認めていない

東洋医学では冷えを未病といい、健康と病気の境目にあるとしている
東洋医学では冷えを放置し、深部温度が下がることを防ぐために鍼灸、漢方薬などの治療がある
東洋医学では冷えると病気になる。温めると病気は治る、健康が維持できるという考え方



体温を維持するためのエネルギーは血液
血流が途絶えると、体温がさがる
交感神経の緊張で血流が途絶える
多忙、睡眠不足、が続くと、緊張状態が続く


風邪などでリンパ球が減って免疫力が低下すると、体温を上げてリンパ球を増やし、
病原菌と闘おうとするのが発熱のメカニズム
発熱は免疫力が働いている証拠。
薬を使わず、リンパ球を増やして自然に治すのがベスト



西洋医学は免疫力にあまり目を向けていない
返って免疫力を低下させ悪化させる治療が少なくない
解熱剤、ステロイド、痛み止め、抗がん剤はすべて免疫力を低下させる

免疫力は漠然としているが、目に見える形で教えてくれるのが体温
体温を上げる癌の治療法も研究されている

癌で余命3ヶ月の人がインフルエンザで39度の発熱が1週間続いた。
その後の検査で癌が消えていたのが解った。
体中の癌が消えた。癌は熱が出れば治るという論文も多い
丹毒、面ちょうなどを起こすと癌が全身にあっても消える という論文もある
細菌に感染すると高熱がでる。感染による発熱で免疫能が高まり癌が消えたと考えられる


細胞が異常に増殖してできたものを腫瘍
できた場所だけで大きくなるものを良性
他の組織の中まで進入し全身に転移していくものを悪性
増殖のコントロールが効かなくなった細胞=がん細胞は毎日34000個体内で産まれている
発ガンしないのは免疫力。異物として、攻撃してくれるので排除される

免疫力よりも、癌の増殖力が大きくなると腫瘍となる
体温と高めて、免疫力をあげ、NK細胞に癌の退治をしてもらう。それが温熱療法

『快癒力』(篠原佳年・著/サンマーク出版/1996年刊



『快癒力』(篠原佳年・著/サンマーク出版/1996年刊)
http://www.amazon.co.jpm-added  アマゾン


■ 病気になるのも捨てたものではない
自然治癒力という言葉を聞いたことがあると思います。
体には、医者や薬の世話にならなくても、きちんと癒すシステムが備わっているのです。
病気が治るのが自然治癒力だとすると、病気になるのは自然治癒力が弱まったときということになります。しかし、病気が治るだけが自然治癒力ではない。病気になるのも、実は自然治癒力なのです。

たとえば何か悪いものを食べたとします。食あたりで下痢をする、嘔吐をする。
これは見かけは病気です。しかし、私は下痢も嘔吐も自然治癒力だと思います。
なぜなら、下痢や嘔吐は、体に侵入した悪い食中毒菌や異物を早く体外に出そうとする作用です。
体をもとの健康体に戻そうとする意味においては、このような症状も自然治癒力と考えられるのです。

こういう考え方をすると、体が異変を起こしたとき、それをあわててもとに戻そうとするのは間違いであることがわかります。病気をすべて悪者にするのがおかしいのです。病気はどこかバランスがよくないことを教えてくれている。そしてバランスをとろうとしているのです。病気になったら、自分のどこがいけないのかを考えてみるという姿勢が必要です。

私のところへはリウマチ患者さんが大勢来られますが、私が前から気がついている不思議な事実があります。それは、リウマチにかかった人でガンを患う人はほとんどいないといってよいことです。ある病気になることは、別の病気を防ぐことであると考えれば、自分の病気への愛情も出てくるというものです。

 「病気を不運だと考えたり、不当だと考えることは治癒の妨げになる。
病気を成長のための贈り物だと見なせるようになったとき、治癒系のブロックがはずれ、治癒が始まるのだ」(アンドルー・ワイル著『癒す心、治る力』角川書店より)

実際に多くの患者さんに接していると、難病の人で地位、名誉、財産などに、こだわっている人は一人もいません。この人たちがとらわれていることは、ただ病気だけなのです。
病気が治ってしまえばどうなるのかはわかりませんが、少なくとも病気にならなければ「考えない」「わからない」ことが絶対にある。そういうことを考えるチャンスを与えるために病気が与えられるのかもしれないという見方もできます。

病気は自己を成長させるよいチャンスといえます。
人間は三日生死の境をさまようと聖者になれる、といいます。
病気になったら「自分を考えるチャンスが訪れた」と前向きにとらえることです。

私たちは病気について考えるとき、どうしても西洋医学的な考え方をします。
たとえば病気になる原因を考えるとき、ひとつは細菌を念頭におく。コレラはコレラ菌、赤痢は赤痢菌、エイズはエイズウイルスによって引き起こされると思っています。
肥満とか高血圧が成人病を招くというとき、脂肪が体内でどのようになり、血管がどうなるから高血圧になって‥‥と、すべて具体的な説明をされて納得する。そういう思考に慣らされているために「わけがわからないが治る」というような言い方は信用されません。

 「気」 は、信じる人間は信じるが、一般の人は、いざとなると検査づけ、薬づけと知りつつ、結局は現代医療の世話になってしまうのが現実ではないでしょうか。
だが、目に見えない世界というのが厳然と存在するという事実に、もう少し目を向けてほしいのです。
その世界を知ることが、病気にならないために、あるいは病気を治すために非常に大切なことなのです。


http://www.sqr.or.jp/usr/justnow/index.html

東洋医学とは何か



東洋医学とは何か

東洋医学とは、鍼灸、湯液(漢方薬療法)、導引(あんまや肢体運動)、気功などを
総称したものとして呼んでいます。
それまで「漢方医学」と呼ばれていたものに対して、昭和25年に「東洋医学」という
名称が使われだしたのが始まりであると言われています。


中国の老子や荘子によって、人間の身体の形や機能は天地自然と相応しているという
「天人合一思想」が唱えられました。
そして自然の四季の働きを「四気」といい、それによって生命の活動が影響を受けると言われています。
これが「気」の基礎になっている考え方です。

「人の生は気の集まりなり。集まれば生となり、散ずれば死となる。」(荘子の言葉) 
東洋医学はこの「気」の思想を根本にしています。

人は生きるために必要なものを自然界に頼っています。
「気」の思想では人間の生命活動の源は大自然(大宇宙)にあると考え、
東洋医学では人体の内部のしくみを小自然(小宇宙)として考えます。

人体のそれぞれの器官についても大宇宙と相応して考え、人体も全体としてつながっている小自然(小宇宙)と見るのです
http://www.nanto-shinkyu.com/ss/shinkyu/002.html

癌治療革命の先端 横内医院



癌治療革命の先端 横内医院
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN57839アマゾン


体験談↓載せさせて頂いた。

東京の中野区で開業されている「横内医院」という開業医がおられる・・・。
内科医となっているが、癌の専門医として名医の誉れが高い。
彼の手に掛かると奇跡が起こる事で有名なのだが、他の病院で見放された癌患者のうち、なんと80%の人が、3年以上の延命率を誇る。(当時のデータなので、最新版は彼のHPにて調べてください。)
当時は「すごい医者がいるもんだな~」程度で、その資料も部屋の片隅に置いていたのだが、
まもなく、彼の奇跡を目の当たりにしたのである。

ずっと世話になった、恩人というか先輩から、電話が掛かってきた。
「孝則・・・(私です。)女房がもうだめだ。おそらくこの2~3日が限度だと思う・・・・最後だと思って会いに来てやってくれ・・・・云々」
私は飛び上がってビックリした・・・何とその時が初耳だったのである。
私は、資料を持って飛び出して、ご主人の家に向かい、彼にその資料を見せた。

何と彼の対応もずば抜けて早く、物の30分もしない内に、横内医院に電話を掛け、診察の手続きを取ったのである。奇跡は、すぐに起こり、余命3日と診断されたものが、奇跡の回復に向かったのである。
http://kenchan.hamazo.tv/e25650.html 続きを読む

水戸ラドン温泉    茨城 ラジウム 閉館




閉館

水戸ラドン温泉
茨城県水戸市栗崎町1416   
TEL: 029-269-2511

素泊まり 5250~
2食付  8400~

http://www.mapfan.com/m.cgi?MAPA3%B6 地図

猫啼温泉 福島ラジウム温泉



http://www.itsutsuya.co.jp/ サイト
http://www.yukoyuko.net/0758/ ゆこゆこ
http://vip.mapionB%B2%B0&scl=25000&grp=yu地図

猫啼温泉/式部のやかた 井筒屋  単純弱放射能冷鉱泉
〒963-7855 福島県石川郡石川町字猫啼22
TEL0247-26-1131

温泉泉質:放射能泉
単純弱放射冷鉱泉   8℃の源泉を加温



http://www.rajiumu-onsen.net/fukusima/il福島県のラジウム温泉