余命 筑紫哲也さんの死

筑紫哲也さんの死


筑紫哲也さんが最近ガンとの闘病の末亡くなったことは本当に残念です。

筑紫さん自身の活躍がもう見ることができないということもそうですが、現代医学のガン治療に対する妄想を明るみにだすとてもいい機会であったとも思うからです。
彼はまったくガン治療に疑いの念をもたずに、いのちをそこに預けたわけですが、今回の結果についての反省が少しでも医学界からあったのでしょうか。

「ガン呪縛を解く」著者の稲田芳弘さんは、自らのガン経験を踏まえて、現代医学の虚構やレトリックを鋭く糾弾している方ですが、ブログでこの件についてつぎのように言っています。



『その理由は、ぼくが千島学説を知っていたからです。
そして、その結果、「ガンの正体」を見破っていたからです。
ガンは決して悪魔などではなく、自分が作り出したものなんだから、医者や抗ガン剤などに頼らずに、
自分で治癒に誘い込むことができる。
そう思えば、決して不安や恐怖は生まれません。
早い話、ぼくは「ガン呪縛」にかかっていなかったからこそ、とても自然に、この1年間を
自然体で過ごすことができたのです。

筑紫さんが言う「弱い患者」とは、ただガンの本質を知らないだけのこと。
だから、簡単に「ガン呪縛」にかかってしまうだけの話です。
悲しいことにすっかり「ガン呪縛」のおかされていた筑紫さんも、
「ガン治療に専念」し、その果てに「全身転移」の激痛に襲われた後、
ようやく次のような心境になれたようでした。

ごく自然に東洋医学に向かった。
「僕の体は空爆されたイラクみたいなもの。
放射線でがんはほぼ撃退したけど、体中が被爆している。
西洋医学は敵を攻めるばかりだが、東洋医学は、がんを生む体にならないようにすることを心がける。
それが自分には合っている」


どうしてもっと早く、このことに気づかなかったのか。
ガンは決してテロリストなどではない。
テロを生む社会的(歴史的)背景のほうが重要なのだということに…。

もしも筑紫さんがイラク報道で見せたように、ガンの背後にあるものに目を向けたとしたら、
決して抗ガン剤や放射線治療を受けたりはしなかったことでしょう。
実際、初期ガンの告知時点では痛みも転移も全くなかったのですから、
あわてて入院して治療をする必要など全くありませんでした。
しかし、そのことに気づくのがあまりにも遅すぎたのです。

昨夜の追悼特集でも、ガン治療に対する疑問は全く出てきませんでした。
そこには鳥越さん、立花さんという二人のガン患者が登場し、
田原さんもまた奥さんをガンで亡くしています。
その3人とも社会に大きな影響力を持つ方々であり、
マスメディアを通してジャーナリズムの最先端を走っている方々です。
この3人が全く「ガン治療」への疑問に触れなかったという事実が、
「ガン問題におけるジャーナリズムの死」をぼくに痛感させました。
だからこそ「筑紫哲也の無惨すぎるガン治療死」を、
決してそのままにしておいてはいけないと強く思ったようなしだいです。

くどいようですが、初期の肺ガンを宣告された筑紫さんは、
ガン治療に専念」した結果、わずか1年半で亡くなってしまいました。
それがガンゆえの死ではありません。「ガン治療の悲しい犠牲」です。』



http://moritagen.blogspot.com/2008/11/blog-post_13.html

http://www.chishima.ac/千島学説

http://www.creative.co.jp/m/books/announce2.htmlガン呪縛を解く

http://www.creative.co.jp/top/main3581.html筑紫哲也さんの訃報に思う
http://www.creative.co.jp/top/main3584.html筑紫哲也さんのガン治療
http://www.creative.co.jp/top/main3583.html「筑紫哲也追悼特集」を観て…
http://www.creative.co.jp/稲田芳弘氏 OS TOP
スポンサーサイト
 Home