余命 気功

気功

アンビリバボー
気 についての解明。気とは ゼロ磁場 ではないか?



舛友秀治氏


http://www.shurenkikou.com/ OS

世界中にその実力を認められた 故中川修二氏や、麻酔気功の第一人者 林厚省氏に
指示し その後 秀蓮気功という独自の気功法を編み出した。

母の看病で腰がたたなくなった男性をたったの10分で動けるようにした。

生後3ヶ月の赤ちゃん、肥厚性幽門狭窄症という病気。
それは、胃と十二指腸をつなぐ、幽門筋が 発達しすぎる病気で
ミルクを飲んでも、幽門筋がその出口をふさいでしまい また吐いてしまうのだ。
赤ちゃんは、見る見るやせ細り、医者からは手術を勧められた。
しかし、生後間もないわが子にメスを入れるのは忍びなく
わらにもすがるおもいで 舛友氏の施術を受けた。
すると 翌日もうんちが出て、 ミルクもほしがるようになった。
そして、驚くべきことに、舛友氏が手をかざした、たったの30分の施術の
後には、幽門筋の厚さは6.8ミリあったのが4.5ミリと正常になっていた。  
たった一回30分の気功治療。


がんが転移して余命2年と言われた木村さん。
木村さんは1ヵ月半、計15回、気功を受けた。
すると、舛友氏が もう、がんは残っていない というので病院で調べてもらったら、驚くべきことにがんが全部消滅していたのである。 医師たちも首をかしげていたらしい。





村松 一夫氏


http://www.muramatsu-kazuo.sakura.ne.jp/村松気功 風立健法四ツ谷

小学生のころから不思議な気の力を意識し、徐々にその能力を強め
48歳にして、中国で最も権威のある 北京中医学院に留学


糖尿病の合併症で、足の指が壊死。
指を切断しなければだめだと医師に診断された男性。
手術の前日、村松氏の所を訪れた。
村松氏は 紫色にはれ上がり、もう感覚がなくなっていた壊死した足を
たったの15分でよみがえらせたという。





http://katamich.exblog.jp/4191165/アンビリーバボー詳細
http://blogs.yahoo.co.jp/scacchi/folder/1464021.html
http://rainbows.at.webry.info/ 体験談
http://s01.mevirstyle.jp/82345554/archive/15村松一夫さんにお目にかかりました。魚拓
スポンサーサイト
 Home