余命 ホテル美玉の湯 小砂温泉  栃木ラジウム温泉

ホテル美玉の湯 小砂温泉  栃木ラジウム温泉


ホテル 美玉の湯   小砂温泉 天然ラドン
324-0611
栃木県那須郡那珂川町小砂3102
0287-93-0811

8280~

http://www.mitamanoyu.com/ OS
http://www.mapfan.com/m.cgi2 地図


天然ラドン含有、霊泉 美玉の湯

緩やかな流れを見せる清流 那珂川、そして四季折々に彩りを見せる馬頭・小砂温泉。
その恵まれた自然の中に静かにたたずむホテル美玉の湯。地下1200mから湧出する
天然ラドン含有の温泉を抱え、その温泉は、「美肌の湯」「健康の湯」として親しまれています。

泉温/49.5℃
湧出量/一日25万リットル
PH値/9.2
ラドン含有量/10.6×10 -10ci /kg
泉質/アルカリ性単純泉

1900年ドイツのエルンストン・ドルンがラドンを発見 しました。
ラドンにはイオン化作用といわれる物質を 活性化する作用があります。

ラドン含有の温泉 に入浴すると、皮膚から吸収されたラドンが血液や 体液をイオン化し
活性化します。イオン化された老廃物は細胞から排泄され細胞が健康になり身体が健康に
なります。また、イオン化された血液は老廃物を体外に排泄しますので、血液が浄化され
核器官が本来の機能を十分に発揮することになり、みずみずしい肉体になり ます。

http://www.mitamanoyu.com/contents/springs/index.html<


http://www.atochi1.html?ATOCHIGI= 日帰り

http://okirakuonsen.hp.infoseek.co.jpm 

ここの温泉は、アルカリ性単純温泉に分類される。
しかし分析書み見られるとおり非常に高いアルカリ成分PH9.25や芒硝系の泉質
なにより関東では稀なラドン含有物まで含まれており、自分が求めていた理想の温泉配分である。
もし仮にこの5倍の成分であったなら日本でも有数なる温泉になっているだろう。

芒硝系の良い温まり感や後味感、ラジウムの独特の温まり感など独特の入浴感が楽しめて、
5回ほど再訪したが私は全て満足のいくものである。
栃木の温泉で再訪したい温泉現在No1である。
http://blog.goo.ne.jp/itugoue26a

スポンサーサイト
 Home