余命

保険屋さん


我家に来る保険屋さん
初めて猫の話をしたけど・・・

今までたくさんの猫を助けてきたそうだ
飼い猫ももちろん 保護した子

飼えない子は 不妊手術をしてあげたそうだ

猫好きで、しかも同じことをしてる。。。
そんな優しい人だったんだ~~~

猫の話で 急に親しくなったよ・・・
同じ命だから、みんながそういう気持ちを持ってくれたら優しい世の中になるだろうね


子猫の里親募集 2ヶ月 オス 群馬県前橋市

IMG_1799.jpg

優しい里親さんが見つかりました!



[子猫の里親募集 2ヶ月 オス 群馬県前橋市]の続きを読む

2015  9

病院には定期的に行って 検査をしてもらっています

病院での治療は全くしていないので、いつも検査だけ。

今回も良好。


大好きな猫達
野良猫の親子
DSCF0113.jpg
母猫は避妊手術して、子猫は素敵な里親さんの元へ行った。

いつも猫に癒しをもらっているから 体にいいのかもねぇ~~
我家の飼い猫にも 感謝感謝


スイスへの「自殺旅行」




スイスへの「自殺旅行」が4年で倍増、調査で判明
ロイター 8月22日(金)18時7分配信

安楽死が目的でスイスを訪れた外国人が、2009─12年の4年間で倍増したことが、「医療倫理ジャーナル」誌に掲載された調査で明らかになった。

スイスは1940年代から、ほう助による自殺を合法と認めている。
ほか、オランダ、ルクセンブルク、ベルギーと米国の一部の州でも安楽死が法的に認められているが、多くの国では依然違法。
こうしたなか、末期患者などが近親者や医師の訴追を回避するため、安楽死目的で外国を訪れる例が出ている。

2012年にスイスでほう助自殺により人生を終えた人は172人で、09年の86人から増加。このうち、ほぼ3分の2がドイツ人と英国人だった。

自殺志願者の約半数については、まひ、運動ニューロン疾患、パーキンソン病、多発性硬化症など神経性の疾病が自殺の要因となっていた。

08─12年にスイスを訪れた自殺志願者は、31カ国の計611人。
平均年齢は69歳だった。半数近くがドイツ、20%が英国から渡航。上位10カ国にはフランスとイタリアからの渡航が含まれ、この2カ国は特に増加が目立っているという。


2014 8

病院には定期的に行って 検査をしてもらっています

もう、肺がんが、命にかかわるようなことはないでしょう

という言葉を頂きました


41alvAY4_201408232248057ad.jpg


時々・・・気功のDVDを見ています

伝説の気功師・戸嶋正喜の画像からすごい「気」が出るDVDブック

体が動いて 暖かくなり、心地良いです

http://www.jihatsu.com/
戸嶋正喜

http://may115.blog77.fc2.com/blog-entry-76.html